海神現代詩集TOP > エッセー > 5.三島由紀夫「文化防衛論」

5.三島由紀夫「文化防衛論」

 
三島由紀夫「文化防衛論」(最終章「文化概念としての天皇」)備忘メモ

メモ1

現行憲法の象徴天皇制について

 佐々木惣一の所論
 1.国体は根本的に変更された
 2.政治の様式から見た国体の概念と精神的観念より見た国体の概念とを峻別すべきである

 和辻哲郎の反論(昭和22年)
  前者は政体概念で充分。後者の意味での「国体」は変更されていない

 三島の和辻論への意見
 1.民主主義と天皇との間の矛盾を除去しようとする理論構成上、和辻が「文化
   共同体」としての国民の概念を力説していることは注目される
 2.さらに和辻が天皇概念を国家(概念)とすら分離しようとしている点に着目
   国家が分裂しているときにも国民の統一が失われなかったから、その統一は
   政治的統一でなく文化的統一であった。
   歴史的事実における統合の象徴としての文化共同体の象徴概念であるがゆえ
   にこそ、変革の理念たりえたという点は示唆的である。

メモ2

 和辻哲郎の「象徴」概念
  天皇は日本のピープルの全体としての統一者であったが、それは主体的な全体
 性であって、対象的に把握することができないものであるがゆえに「象徴」によ
 って表現するほかはない

 三島の和辻論を踏まえた上での論及
  和辻が危惧した、象徴であるはずの天皇が、民主制を守るといった政治的国体
 護持といった方向に変換される可能性が現実のものとなっていることに愕然とさ
 せられる。

 津田左右吉の皇室の文化上の地位とそのはたらきについて
  皇室は日本の地理的特性から異民族との接触において、上代には文化交易の要
 として在した。また学問や文芸により文化の担い手としてもその後も日本の中心
 をなしてきた。そのことが国民の皇室崇拝に大きなはたらきをしているが、ひと
 つにはそれは皇室が政治から離れたことにもよる。日本の天皇を政治的観点から
 のみ見るのは間違いである。

 三島は津田の皇室文化への論に好意的である。

メモ3

 丸山真男の天皇制論の部分
 1.天皇を中心におき万民が翼賛するといったいわば価値の無限の流出は、同心
   円の中心が点でなく、その縦軸の無限性(天壌無窮の皇運)によって担保さ
   れている。
 2.わが国には天皇制国家に内蔵するイデオロギーとして「私的」なものが端的
   に私的なものとして承認されたことがなく、私的なものは悪であり後ろめた
   さを伴っていた。特に営利とか恋愛の場合そうである。

 天皇統治の変質に対する三島の論及
 三島によれば、言論の自由の見地からも、丸山の言う天皇統治の無私の本体的性
格からも、最も恐るべき理論的変質がはじまったのは大正14年の「治安維持法」
以来である。この法律は、国体の変革の禁止と私有財産制度の否認を並列的に規定
することによって天皇の国家を私有財産制や資本主義と同義語にしてしまった。
 明治憲法国家の天皇制機構はますます西洋的な立憲君主政体へと押しこめられて
行き、政治的機構の醇化によって文化的機構を捨象して行ったがために文化の演繹
的機軸であることを失った。
 時間的・空間的連続性を持つ文化の全体性に見合うだけの唯一の価値自体として
天皇の真姿である文化概念としての天皇に到達しなければならない。

メモ4

 みやびの連続と断絶

 ここで三島は建武中興が後醍醐天皇によって実現したとき、それが政権の移動の
みならず、王朝文化の復活を意味していたとして、文化連続性の証として「増鏡」
の、後醍醐天皇が隠岐の配宮で父後宇多院の面影を夢に見たのを、源氏物語の光源
氏が須磨で父帝の夢を見たのになぞらえている部分を抜粋する。

文化概念としての天皇性
時間的連続性→祭祀につながる
空間的連続性→時には政治的無秩序をさえ容認するにいたる
宮廷の文化的精華としてのみやびはまた国と民族を非分離に回復せしめる変革の原
理として作用した。
明治憲法による天皇制は祭政一致を標榜することによって時間的連続性を充たした
が、政治的無秩序を招来する危険のある空間的連続性にはかかわらなかった。

 戦後の占領下で天皇は文化とは相関わらなくなり、文化概念たる天皇・文化の全
体性の統括者として左右の全体主義に対抗する唯一の理念としての復活はなかった
かくて文化の尊貴は損なわれ、復古主義者は単に政治概念たる天皇の復活のみを望
んできたのであった。
 保存された賢所の祭祀と歌会所の儀式、大嘗会・新嘗祭のなかでかつての天皇の
姿は伝承されている。

メモ5

 みやびと月並

ここで三島は「みやび」という言葉を多用している。宮廷風の優雅でありことに
和歌によって普遍化された文化は、宮廷詩の「みやび」のみならず、幽玄・はな・
わび・さびなどを通し民衆詩の「みやびのまねび」として受け継がれた。
 三島はこの部分で「月並」という言葉も多く使っている。これはみやびの流れと
断絶し文化概念としての天皇・文化の全体としての統一者としての天皇からかけ離
れてしまった近代以降の皇室の文化的行事の伝承に対する表現の中で「高貴と優雅
と月並」といったように微妙な言い回しで使われている。

メモ6

 「文化防衛論の結論」

 三島はここで「菊と刀の栄誉が最終的に帰一する根源が天皇であるのだから、軍
事上の栄誉もまた、文化概念としての天皇から与えられなければならない」とし、
現行憲法下法理的に可能な方法だと思われるとして
1.天皇に栄誉大権の実質を回復し、
2、軍の儀仗を受けられることはもちろん、
3.聯隊旗も直接下賜されなければならない
と述べている。また

 象徴天皇制を圧倒的多数を持って支持する国民が、同時に、容共政権の成立を容
認するかもしれない。そのときは、代議制民主主義を通じて平和裡に、「天皇制下
の共産政体」さえ成立しかねないといったことをことを現実的に危惧している。

1.このような事態を防ぐためには、天皇と軍隊を栄誉の絆でつないでおくころが
  急務であり、その他に確実な防止策はない。
2.こうした栄誉大権的内容の復活は、政治概念としての天皇をでなく、文化概念
としての天皇の復活を促すものでなくてはならぬ。
 何故なら、文化の全体性を代表するこのような天皇のみが窮極の価値自体だから
であり、天皇が否定され、あるいは全体主義の政治概念に包括されるときこそ、日
本の又、日本文化の真の危機だからである
 と、「文化防衛論」を結んでいる。

2009/02
 

エッセー記事一覧

1.三島由紀夫「金閣寺」ノート

金閣寺読書ノート 金閣寺は10章から成り立つ連載小説で昭和31年1月より10月までの十ヶ月間に渡って「新潮」に連載された。昭和25年夏に実際に起きた事件を題材にし...

2.現代詩を読む

No.2436/ 登録者:海神 727 字 [94/06/28 22:01]詩に学ぶ NO1    桜の木の下で、...

3.現代詩を解く

1  2002/07/09(Tue) 00:46  現代詩を解く(序)     「現代詩」というのは、戦後の「荒地」グループからはじまり、吉岡実で頂点に達した詩の一群である...

4.中上健二・ドストエフスキー

中上健次の「岬」 投稿日:2008年 9月 7日(日)22時40分19秒  中上健次の「岬」は読み始めてしばらくの間、登場人物の相関図が頭の中でまとまるまで読...

5.三島由紀夫「文化防衛論」

三島由紀夫「文化防衛論」(最終章「文化概念としての天皇」)備忘メモメモ1現行憲法の象徴天皇制について 佐々木惣一の所論 1.国体は根本的に変更された...


 
inserted by FC2 system