海神現代詩集TOP > 小説 > 夢の中の永遠(3)

夢の中の永遠(3)

 
 「夢の中の永遠」(3)

 れもんは消えてしまった。れもんは最初からいなかったのだ。れあもんという、
悪魔を名乗る男に、僕はだまされていた。しかし、本当のところあいつは何者なの
だ。ふと我に帰ると僕はあわててまた「牧羊ネット」にアクセスした。
 れあもんはログオフしたらしい。チャットルームを覗いたら今度はシスオペさん
が待機していた。とりあえず、僕はあいさつした。
 「こんばんわ。お世話様です」
 「あっ、帰ってきたんですね。お元気ですか? 種明かししましょう!」
 「えっ、種明かし?」
 「突然ですが、このネットは今日で閉局です」
 「なんですって」
 「わっはっは。わたしのようなシスオペじゃあ、閉局は当然です」
 「なにを言ってるんですか。シスオペさんは御苦労の末にこのネットを」
 「そう言われると辛い。実は、れもんは私なんですよ。れあもんの正体も」
 「えっ、まさか」
 「私はホストマシンのキーボードでしゃべっていますが、れもんやれあもんはホ
ストマシン直結のノートパソコンのキーボードでしゃべっていたんです」
 「ここは多回線じゃなかったんですか」
 「ううむ、ソフトも多回線用だし、RSインターフェイスも多回線用ボードを使
用してある。しかし、貧乏人の悲しさ、そこまでそろえたら金がなくなって、電話
回線を増やすことができなかったんです。それでソフト上で三回線にして、ノート
パソコンでログインしていたんだ。それが『れもん』ちゃんなんだよ」
 「ひどいことを」
 「いや、最初は『れもん』はすぐ『れあもん』に変身するはずだった。私もまさ
か自分が二十才の女性を演出できるとは思っていなかったのです。最初、私はみん
なが芝居に気づいて調子を合わせてくれているものだとばかり思っていた。結局、
私はシスオペなどやるにはあまりにもパソコン通信の世界のことを知らなさ過ぎた。
例えば新聞記事で、大手のネットなんかでも一部の男性会員が女性のハンドルネー
ムでチャットをやって楽しんでるというようなことを読んだことがある。それでこ
んなことはある程度周知の事実として行われているのだろうと思いこんだ。少なく
とも半信半疑でみんなが芝居につき合ってくれているのだと思った。すぐに正体を
明かせば良かったのだが、そのうち私もなんとか『れもん』を現実のものと思わせ
たくなってきたのだ。それで、いろんな回線かられもんをログインさせたり(これ
はRSインターフェイスボードのコネクタを差し替えるだけで可能だった)わざわ
ざチャット中に他の会員の前でれもんと喧嘩したりしたのだ。そのうち、みんなが
まぎれもなく本気で『れもん』の存在を信じ込んでいるのを知って、自分がとんで
もないことをやっているのに気づいた。私を信頼してこのネットのために一生懸命
に書き込みをやってくれた会員の皆さんに大変すまないことをしたと思っています」
 なんということだ。「れもん」も「れあもん」もシスオペのひとり芝居で、僕は
完全に踊らされていたんだ。僕はとても冷静ではいられなかった。
 「貴方は、パソコン通信の世界で絶対にやってはいけないことをやったんですよ。
ホストを管理する人間がそのシステムを利用して会員をからかうなんて、僕たちは
許しません。シスオペというのはみんなのプライバシーを守り、ネット内のいろん
な問題を解決しながら、誰よりも責任を問われる仕事をやってると思われている、
それだからこそ信頼されるんです。僕はともかく会員はみんな貴方を信じて、この
ネットを盛り上げていこうと一生懸命やってきたんじゃありませんか」
 「『パソコン通信』というのは、当初私が考えていたものと全く違っていた。私
はこのメディアを通じて自分を表現したかったのだが、それは間違いだったらしい。
迷惑をおかけした会員のみなさんになんといってお詫びすればいいのか、言葉もあ
りません」
 「とても残念です」
 ログオフしてしばらく僕は放心状態だった。それでも、何か言い忘れたことがあ
るような気がして、もう一度そのネットにアクセスしたが、回線は繋がらなかった。
もう二度とあのネットには入れないんだろうなと僕は思った。
 確かにシスオペさんはパソコン通信というメディアを通じて僕らと「生命」を語
り合いたかったのかも知れない。しかしその結果が、会員たちを弄んだことになっ
たのだ。 「れもん」は実際には存在しなかったのだ。ひととき、あれほどまでに
強い存在として僕の前に確かにいたはずの彼女は「いなかった」のだ。
 それにしても、では「マサル」はどうだったんだろうか。僕自身は本当に存在し
たんだろうか。いま、自分自身がここに「いる」ということがわからなくなってし
まう。パソコンとモデムで結ばれたオンラインの背後にこそ本物の悪魔が潜んでい
ると僕は思わずにはいられなかった。
(ぼくはこの文章をパソコン通信の世界で公表します。それが、これからパソコ
ン通 信を始める人たちに必要だと思うからです。ぼくは将来、「オンラインの悪
魔」と戦いながら、本当に楽しい会話型のネットを自分で開局したいと思っていま
す)

「マサル」の文を読んでいる最中にも喫茶室には幾組かの客が入ってきた。読み
終えて、おれはあらためてパソコン通信の深い世界を覗き込んだ様な気がした。
「マサルさんは、あなたのネットのことで、パソコン通信の世界に不信感を持た
れ、それを『悪魔』と表現されたようですが、あなたは生命の尊厳といったことを
今の若い世代と語りたかったわけですね」
 「そうなんです。われわれが青春時代にいろんな文学書等を読んで感動したこと
などを思うと、今の世代は驚くほど本を読まないし、なにか深い思索のようなもの
を避けて通っているように思うんです」
 「もっともあなたがおっしゃったようにまだパソコン通信そのものが公認のメデ
ィアとしてルールを獲得していない面もあるし、若い人たちはゲームとしてこのメ
ディアを利用しようとしている。そういった現状ではそれは仕方のないことではな
いのでしょうか」
 「それはそうなんですがね‥・ 」
 「で、KWネットはこの時にやめられたんじゃあなかったんですか」
 「いったん店を畳んで、多回線ボードなども人手に渡しました。しかし単回線な
らいつでも開局はできるし、あの頃のことを思い出しながらダミー会員をつくって
ひとりで遊んでいるときにあなたがアクセスしてきたんです。多分、以前開局中に
出したネットの宣伝が今も季刊のパソコン通信の雑誌などに載っていますので、そ
れを見られたんでしょう」
 「ええ、あの雑誌を見て、自分のうちのすぐそばにBBSがあるのを知って、さ
っそくアクセスしてみました。なにしろ始めてなもので、大変ご迷惑をおかけしま
したが、なんとかパソコン通信というものを覚えました。しかし、あの会員の方た
ちが全部ダミーだとは思いもよりませんでした」
 「わたしも閉局後なんとなく寂しくて、時々ああして遊んでいたんですが、なに
しろ回線を繋がないとソフトそのものが立ち上がらないものですから、実際にログ
インする可能性はあったんですね。あなたがログインして、入会登録されているの
知って、わたしはお断りしなければと思ったんです。しかしなんとなくそれができ
なかった。その後も、あなたがDOSのことや通信のことでわからないことを聞い
てくれるのが正直言ってうれしかったんですよ。それでまあ、もうちょっとこの状
態を楽しもうと思ったんです」
 おれとしてはただ、確実にいると思っていた人たちが、実は作られた存在で現実
にはいなかったということが信じられない気持ちであった。それまでいると思って
いた存在が突然消え失せたことが、なにか気持ちの悪い不安感となってまとわりつ
いてきた。
 しかし冷静になってみると一方的に相手を怒ってしまうにはたしかにこちらにも
負い目がありすぎるようだ。相手の無償の親切で、こちらが得る事のできた知識や
ノウハウがあまりにも大きいし、ダミーの件にしても相手としては、通信を始めた
ばかりのこちらを失望させないためにしかたなく続行させた面もあるだろう。おれ
は完全に言葉を失ってしまった。

 

小説記事一覧

夢の中の永遠(1)

「夢の中の永遠」(1) 犬の鳴き声が聞こえる…… それは笹の葉に置かれた水玉であった。霧状の雨滴が冷たい笹の上に露を結んで周囲の景色を映し出し、ひとつの小...

夢の中の永遠(2)

「夢の中の永遠」(2) オフミーティングの会場は駅前の喫茶店だった。一階が銀行であるビルの地下に降りていくと明るい店内がカウンター越しに見渡せる小ぢんまりした店である。...

夢の中の永遠(3)

「夢の中の永遠」(3) れもんは消えてしまった。れもんは最初からいなかったのだ。れあもんという、悪魔を名乗る男に、僕はだまされていた。しかし、本当のところあいつは何者な...

夢の中の永遠(4)

「夢の中の永遠」(4) 「それより、あなたもBBSを開局しませんか。いま、パソコン通信をやっている環境にホストシステムのソフトさえあれば、単回線ネットならすぐにでも開局...

海と牧童(1)

海と牧童(1) 春先の風は時に強く剃刀の薄刃のように少年の頬を撫でつけていく。産毛が陽光にきらめく柔らかい皮膚は、その度ごとに鋭く傷つけられているかのようだ。少年 ...

海と牧童(2)

海と牧童(2) ある日、少年は牧舎を出ると「中の泉」と呼ばれる小さな泉に向かった。広い牧場には他にも4つの泉があって、いつも羊たちが群れていたが、この中の泉にはあ...

海と牧童(3)

海と牧童(3) ある日少年は中の泉を訪れた。当然そこにはあの牝羊が自分を待っていてくれると思ったのである。ところが彼女は居なかった。 少年はがっかりして、いろい...


 
inserted by FC2 system